日本語JP
DICヘルスケア事業
HOME > 製品情報 > UltraNanno™

業務用 水産養殖業界向け微細藻類餌料 UltraNanno™

UltraNanno™

高品質且つサステナブルなワムシ餌を、
年間通じて供給することで稚魚の安定生産に貢献。

UltraNanno™は、将来的なタンパク不足を解決するための、サステナブルな水産養殖用植物性餌料です。
再生可能エネルギーを用いた閉鎖系の藻類培養装置を用いて、年間を通して均一かつ高い有効成分を含む餌料を
供給することで、養殖魚の安定生産に貢献します。

UltraNanno™の特長

・既に欧州でワムシの餌として販売実績があります。
・コンタミが少なく、夏場の高温時でも高品質です。
・EPA含量は6%と業界最高水準です。
・他社ナンノに比べて、高いワムシ増殖速度を示します。
・DHA強化剤「UltraNanno+」も販売しております。

UltraNanno™の特長イメージ
UltraNanno™の特長イメージ

EPA含有量は約6%と業界最高水準

高いオメガ3含有量を有しており、
給餌後のワムシのオメガ3含有量が、栄養強化クロレラの倍になります。

ワムシ写真とオメガ3含有率画像

製品詳細

品名
UltraNanno™
原料(一般名)
ナンノクロロプシス(微細藻類)
原産国
アイスランド
保存方法
0~4℃冷蔵保管
製品概要
乾燥重量:18%(180g/L)
容積: 5リットル
使用期限
製造日から6週間(0~4℃冷蔵保管)

分析例

タンパク質
49.8%
脂質
17.5%
炭水化物
22.2%
灰分
9.1%
EPA
6.1%
ビタミンB12
25μg/L

包装単位

20ℓ(5ℓ×4)

UltraNanno™生産場所

生産拠点はアイスランド。隣接する地熱発電所から供給される安価でクリーンな電力とCO2、 温水を利用し、氷河の雪解け水で培養される、地球環境に優しいサステナブルな製品です。

UltraNanno™生産場所
コンタミリスク(汚染リスク)が低い、LEDを用いたフォトバイオリアクターで閉鎖系培養を行うことで、クリーンなナンノクロロプシスを年間を通じて生産できます。

ナンノクロロプシスとは?

ナンノクロロプシス ワムシ 稚魚の写真

・養殖場で卵から孵化したタイ・ヒラメといった海産魚の稚魚は、孵化後3~20日程度の間、動物プランクトンの一種であるワムシを食べて育ちます。
・ワムシの餌としては、植物プランクトンである藻類餌料が使われています。その中でも、海洋に分布する藻類であるナンノクロロプシスは、栄養価が優れる藻類であるため、ワムシの活力を高めるなどの効果が期待されています。
・餌としての使い方は、ワムシ培養水槽に添加する方法と、稚魚水槽に直接添加する方法があります。稚魚水槽に添加する場合は、本来の餌の用途に加えて、海水が緑色に着色されることで稚魚がお互いを見えにくくなってストレスを感じにくくなる、あるいは水質を改善するといった効果があることが期待されています。
・従って、安定で高品質なナンノクロロプシスを供給することで、稚魚の安定生産に貢献することができるのです。

製品情報に戻る

よくあるご質問・お問い合わせ

各種資料ダウンロードはこちら

【UltraNanno™】資料ダウンロード

ページ最上部へ